不動産についての法令上の制限について知ろう!

我々は、日々の経済活動を原則的には自由な意思のもとに行うことができます。

購入者の立場になって考えると、日々の生活の中で何を買うのかを選ぶのは自由に行えますし、買うか買わないのかを決めるのも自由です。

販売者の立場になって考えてみても、何を売るのか、どう売るのか、そういった事柄は販売者は原則的には自由に行うことができます。

これは当然、不動産についても基本的には同じです。

軽井沢の不動産情報はこちら≫軽井沢物件ランキング

ところが、例えば建物の建築工法であったり、建物を建てる場所であったり、土地の利用の仕方であったり、こういった事柄をすべて一般市民や業者(民間)の自由にしてしまうと色々と問題が生じてしまうこともあります。


このことは、少し想像を巡らせてもらえばわかることだと思います。

そのため、現在の日本では、不動産にかかる各種法令上の規制が存在しています。

法律のよる規制が存在することによって、国内における不動産の利用は健全かつ合理的に行われているのです。

土地の利用は、1土地の購入、2宅地造成、3建物の建築、という場面に分けて考えることができますが、それぞれの段階に対応した法律による制限が存在します(つまり、土地購入、宅地造成、建築物の建築は完全自由には行えないということです)。土地の購入に関連する法律には、国土利用計画法や農地法などがあります。

宅地を造成するにあたり関連する法律には都市計画法や土地区画整理法などがあります。

建物の建築については建築基準法という法律が有名ですよね。このブログではそんな不動産に係る各種法令上の規制についてわかりやすく概要を紹介していきたいと思っています。

これを知ることで不動産というものについて、見方が変わったり、知識が増えたり、新たな発見があると思います。






Copyright © 軽井沢物件の情報ガイド All right reserved.